ペットの管理は徹底的に注意せよ|犬の食事はサプリで心配御無用

ウーマン

番犬に最適な小型犬

複数の犬

ドイツ原産の小型犬の特徴

ミニチュアピンシャーは、小型犬の犬種です。200〜300万年前に、ドイツで生まれた小型の改良犬種です。もともとは中型犬ヘル・ピンシェルだったと言われています。改良の過程で、ミニチュアシュナイザーやトイマンチェスターテリアの血も混入されました。1925年に、現在のミニチュアピンシャーの名前が付けられました。ドーベルマンに体型が似ており、小型のドーベルマンと呼ばれることもあります。小型犬ですが、番犬としての能力が高いです。そのため、性格は大胆かつプライドが高いと言われています。一時期ドイツでは断耳や断尾が行なわれていましたが、現在は禁止されています。一般的な毛色はブラウンが多く、またはブラック&タンなどがいます。毛は短毛であまり手入れの必要がありません。1920年以降にアメリカで人気が拡大しました。

番犬に最適な犬の飼い方

ミニチュアピンシャーは飼い主には従順で他人には簡単に心を開かない面を持っています。小型犬ですが、番犬の役割も果たすので、1人暮らしの人や、高齢の家庭などにも向いていると思います。気が強いので子犬の時にはしっかりとしたしつけが大切です。しつけに自信がない場合は、ペットショップやペット訓練校のしつけ教室を利用すると良いでしょう。ミニチュアピンシャーは警戒心が強い面があるので、子犬の時から、散歩に連れ出し、社会性を身に着けさせることが大切です。人や犬が多い、公園などで散歩させると良いでしょう。ミニチュアピンシャーは足が細いため、高いところから飛び降りたり、床で足を滑らせたりして、足を怪我する恐れがあります。危険が発生しない、飼育環境を整えることが大切です。活発な犬なので、家の中で放し飼いにして、自由に動き回れるようにしておいた方が良いです。たまには、散歩に連れて行って、ストレスを発散させることも大切でしょう。